スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見終わってからの考察が刺激的:ノウイング

knowing000.jpg

50年前のタイムカプセルから出てきた一枚の手紙。そこに記されていた数字の羅列が、実は世界で起きる大惨事の時間と場所、死者の数を表していた。恐るべきことに、その紙が埋められたのは50年前であるにもかかわらず、近年の大災害を完璧に言い当てていた。

この紙は一体なんなのか。
主人公はこの紙が予言する、破滅の運命を変えることが出来るのか?


オカルトな分野から世界の危機が言い渡される、今までになかった始まり方と、どうやってそのストーリーを完結させるのかに興味が湧いた映画ノウイングでしたが、予想通りだったり予想の上をいったりとなかなか楽しませてもらいました。同時に、日本ではなんとも難しい映画だなぁとも思ったので、紹介させてください。

現代のとある背景を知っておく事で、この映画は一気に面白くなる!


人を無力に描いたディザスター・ムービー

迫りくる災厄に対して主人公が立ち向かうというシチュエーションは、まさにディザスター・ムービーの王道。しかしこの映画、ノウイングには他にはない異彩を放つ部分があった!

全編を通して漂う、人の絶望的な無力感です。

knowing001.jpg

ディープインパクト、アルマゲドン、ボルケーノ、The Core…
同じディザスター・ムービーに位置づけられるこれらの映画に共通した内容は、恐るべき自然災害に対して人類が力を結集し、見事に乗り越えていくというものである。

しかしノウイングにおいては、世界の崩壊を予見したのは謎の超越的な力によるもので、主人公の奮闘もむなしくその内容を変える事は出来なかった。人智の及ばぬ相手に対してどうやって立ち向かえば…という諦観が、上で挙げた作品にはない決定的に異なる部分でした。

そして映画は世界を救うことから、この予見はいったい何なのか、と真相を追究する方向へシフトする。そして最終的に主人公は真相へとたどり着くのだが、これがまた人の理解を超えた…というか、想像の斜め上を行ってしまう答えが帰ってくる。ネタバレになってしまうので書けないのがもどかしい。

ただ、単純なハッピー・エンドで終わらないのは、この手の映画としては珍しいかも。


偶然と必然、どちらを信じるべきかという悩み

knowing002.jpg

ノウイングを楽しむ上で必要になるのは西洋人、特にキリスト教圏の人々の思考を理解し、消化吸収できていることじゃないかと思います。なぜなら、映画の中でたびたび繰り返される「偶然か必然か」という問いかけは、まさしくキリスト教が抱える悩みだからです。

キリスト教では、世界は神によって創られた。牛は牛、豚は豚、人は人の姿をもって生まれ、また牛や豚には、人の食べ物になるという目的が与えられた。キリスト教を信じる人々にとって、世界は神の手という必然によって成り立っているのである。そんな彼らの信仰はある日、進化論によって揺るがされる。生命は、突然変異と自然淘汰という偶然の積み重ねによって現在に至る、と主張する進化論は、キリスト教の信者――特に保守派と呼ばれる、原典の内容を尊重する人々にとって、許しがたいものとして映った。進化論は、彼らの神を真っ向から否定したのだ。

しかし同時に、宗教が科学を否定することの愚かしさもまた、彼らは知っている。宗教が今よりもはるかに強い力を持っていた時代、地動説を主張したガリレオ・ガリレイに対して教会は凄まじい弾圧を行ったが、結果は知っての通り。そして進化論は、現代に蘇った地動説である。信仰と科学の板ばさみに、キリスト教は今も悩まされている。

作中の主人公も、同じような葛藤を抱くはめになる。とある事故が原因で、主人公は「所詮、世界は偶然の出来事の寄せ集めに過ぎない」と思うようなった。だが例の数字の羅列との出会いによって、再び世界が必然によって成り立っている可能性を考える。未来が分かるとはつまり、未来は既に決定されていると言い換えることが出来る。

だが、それを認めるわけにはいかない。
必然を認めれば、すなわち人類の破滅を認めてしまうことになるのだから…!


ノウイングの面白さは、まさにこの一点に集約されます。

偶然と必然、どちらを信じるべきか?


SFではなく宗教ファンタジーだったノウイング

ノウイングはキリスト教の考え方をベースに、しかし宗教色を巧みに隠した哲学的な映画でした。そのため、見終わった後に何が言いたかったのかをあれこれ考えさせられます。この考えるという作業が楽しめるかどうかで、ノウイングの評価は分かれるんだろうなぁ~と思います。キリスト教にあまり馴染みがない日本では、その敷居が高いせいで普通の映画より低い評価になりがちなの。

ただのSFだと思って見に行くと火傷するゼ!

twitter

comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
プロフィール

カミルバ

Author:カミルバ
楽しいことならバーリ・トゥード!

そのまま埋もれさせるには惜しい
隠れた良ネタに刹那のスポットを

ゲーマータグ
ゆっくりフレ申請していってね!
<iframe src="http://gamercard.xbox.com/insertgamertaghere.card" scrolling="No" frameborder="0" height="140" width="204"></iframe>
フォクすけたん
Firefox3 Meter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。